東北は暴風のピークは過ぎましたが、寒気は一層強まっています。18日まで日本海側を中心に大雪や雪崩に十分注意が必要です。

●17日 ピークすぎても風強く、高波に警戒

17日は東北地方の暴風のピークはすぎましたが、強い冬型の気圧配置が続きます。風の強い状態は続く見込みです。日本海側を中心にふぶく所が多いでしょう。地震の揺れの大きかった地域では、突風にあおられると危険です。高い所での作業などは十分な注意をしてください。海上は日本海側を中心に大しけの状態が続くでしょう。
<風と波の予想>
17日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
東北 日本海側・太平洋側ともに
海上 23(35)メートル
陸上 15(30)メートル
17日に予想される波の高さ
東北日本海側 7メートル
東北太平洋側 5メートル

●17日 秋田県以南で大雪

上空の寒気が強まるため、17日は秋田県より南側の地域で大雪になるでしょう。特に福島県の会津や山形県の飯豊・朝日連峰周辺は、北陸方面から活発な雪雲が流れ込む見込みです。大雪に十分な注意が必要です。
<雪の予想>
18日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 山沿い 60センチ
東北日本海側 平地  40センチ
東北太平洋側 山沿い 40センチ
東北太平洋側 平地  20センチ

●18日 雪の強まりは2つのエリア

18日は大雪のエリアが2つに変わる見込みです。
山形県から福島県の会津は山沿いを中心に大雪が続くでしょう。
一方、秋田県の周辺では、上空を小さな低気圧が通過する影響で、夕方から夜にかけて雪が強まる見込みです。1~2時間のうちに10センチ前後の雪が降り、短時間のドカ雪になる恐れがあります。
<雪の予想>
19日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 山沿い 30~50センチ
東北日本海側 平地  20~40センチ
東北太平洋側 山沿い 30~50センチ
東北太平洋側 平地  20~40センチ

●雪崩や落雪、寒さにも注意

東北では15日に広く雨が降りました。これまでに積もった雪がザラメ状になった後、18日にかけてふかふかの新雪が急増する所が多くなります。
雪質の違う面からは雪崩が起こりやすく、屋根からの落雪にも十分な注意が必要です。
18日までは真冬のような寒さが続きますので、防寒対策もしっかりとなさってください。週末には一転して、春を感じられる陽気となりそうです。
詳しくはtenki.jp2週間天気からご確認いただけます。