明日18日の関西は、雪の降る範囲が広がり京阪神の市街地でも積雪の恐れがあります。また、厳しい寒さも続くでしょう。北部や山地を中心に大雪になるため、大雪による災害に注意するとともに、防寒対策を万全にしてお過ごしください。

●18日にかけて北部や山地を中心に大雪 暴風雪の恐れ

明日18日にかけて、関西は北部や山地を中心に大雪となるでしょう。沿岸部を中心に暴風が吹き、ふぶいて見通しが悪くなる恐れがあります。交通機関に乱れが生じたり、積雪や路面の凍結によって車のスリップ事故の発生する恐れがありますので、十分に警戒、注意をしてください。

●18日は京阪神の市街地でも雪 積雪の恐れも

17日朝には広く雪雲が流れ込み、京都市内などでも雪が降りました。その後は、北部沿岸部や紀伊山地周辺を中心に雪が降っています。明日18日になると、雪雲は中部の平野部にも流れ込みやすくなる見込みです。京阪神の市街地でもあちらこちらで雪が降り、うっすらと積もる恐れもあるため、明日の外出の際は時間に余裕を持って行動しましょう。

●18日は凍えるような寒さ 週末は一転して春の暖かさに

関西は、18日にかけて上空に寒気が居座るため、真冬並みの寒さとなるでしょう。気温が低いだけでなく季節風が強まるため、体感温度はさらに低く、都市部でも凍えるような寒さになりそうです。風を通しにくいダウンジャケットにカイロなど、寒さ対策を万全になさってください。19日には上空の寒気が北へと退くため寒さは緩み、週末には春の暖かさが戻る見込みです。21日の日中は4月並みの暖かさになる所が多く、ほっと出来そうです。ただ、暖かくなるとスギ花粉が大量に飛び出す恐れがあるため、花粉症の方は油断禁物です。