きょう17日は、強い寒気と発達した低気圧や冬型の気圧配置の影響で、全国的に荒れた天気で寒の戻り。日本海側を中心に雪を伴った風が吹き荒れて、海上は大しけの所がある。太平洋側でも雪雲が流れ込む所も。あす18日にかけて警戒、注意が必要。

●17日 雪や風、波の予想

あす18日(木曜日)朝6時までに予想される降雪量は、多い所で北陸で80センチ、北海道、東北、東海、近畿で60センチ、関東甲信、中国地方で50センチ、四国、九州北部で30センチ、九州南部で5センチです。
その後も雪の降り続く所があり、あす朝6時からあさって19日(金曜日)朝6時までの降雪量は、多い所で、北陸で50から70センチ、関東甲信、近畿で40から60センチ、東北、東海、中国地方で30から50センチ、北海道、四国、九州北部で10から20センチ、九州南部で1から5センチの予想です。
また、きょう予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道で28メートル(40メートル)、東北、関東甲信、近畿、中国地方で23メートル(35メートル)、九州南部で22メートル(35メートル)、東海、四国、九州北部地方で20メートル(30メートル)、北陸で18メートル(30メートル)です。
あすにかけて予想される波の高さは、北海道で8メートル、東北で7メートル、北陸で6メートル、関東甲信、東海、近畿、中国地方、九州北部、九州南部・奄美地方で5メートルです。
猛ふぶきや吹きだまりによる交通への影響や暴風、高波に警戒するとともに、大雪による交通への影響に注意・警戒し、なだれや着雪にも、ご注意ください。

●17日 北海道や東北は猛吹雪の所も ホワイトアウトに要注意

きょう17日(水曜日)は、北海道北部付近に中心にをおく低気圧が猛烈に発達し、大陸から強い寒気が流れ込んでいます。
北海道や東北は日本海側を中心に、太平洋側でも雪が降りやすく、強い風や非常に強い風が吹いて吹雪く所があるでしょう。新しい雪が舞い上げられたり飛ばされたりして、見通しがきかなくなるホワイトアウトになることもありますから、特にドライバーの方は注意が必要です。東北の日本海側では、雷のなる所がありそうです。
関東甲信は、平野部や盆地は晴れる所が多い予想ですが、市街地でも雪か雨の降る所があるでしょう。関東北部の山沿いや長野県北部は、雪が降ったりやんだりする見込みです。
北陸は、雪で雷が鳴る所があるでしょう。
東海は、晴れる所が多い見込みですが、岐阜県を中心に雪が降るでしょう。愛知県でも雪か雨の降る所がありそうです。
近畿は、北部は雪で、晴れ間がある中部や南部でも雪の降る所や雷を伴う所があるでしょう。
中国地方は、山陰や山口県東部から西部にかけては雪でしょう。山陽側でも、雲が多く雪が降りそうです。各地で雷を伴うことがある見込みです。
四国でも雲が多く、雪の降る所や雷を伴う所があるでしょう。
九州は、北部を中心に雪が降るでしょう。南部の雲が多く、雪や雨の降る所がある見込みです。
奄美や沖縄では、昼頃にかけて雨の降る所が多いでしょう。
全国的に季節風が強く、ふだんは雪が少ない地方でも大雪なる所がありますから、ご注意ください。

●17日 各地で真冬の寒さ 季節の時計は逆戻り

きょう17日(水曜日)は、全国的に、きのうより5度以上低く、風の寒さが加わって、体感温度が大幅にダウンするでしょう。
北海道から東北北部は、0℃以下の所が多くなるでしょう。
東北南部や北陸、中国地方でも5℃以下の所が多く、近畿や四国、九州では10℃に届かない所が多いでしょう。
関東は、南部で13℃前後ですが、北部は10℃前後、甲信では5℃前後の所が多い見込みです。
沖縄は、20℃以下の所が多くなりそうです。
いったん進みかけた春への足取りは、きょうからあすにかけて足踏みするでしょう。