きょう13日は、太平洋側の地域で日差しがたっぷり届きました。気温が上がり、最高気温は、きのうより5度前後高い所が多くなりました。あすも平年より高い気温が予想され、広く3月並みの暖かさとなりそうです。

●太平洋側ではきのうより5度前後高い

きょう(13日)は、東日本や西日本は大陸からの高気圧に緩やかに覆われ、太平洋側の地域では、たっぷりの日差しに恵まれました。午後3時までの最高気温は、東京は12.5度と3月上旬並みになったほか、仙台は7.0度、名古屋は10.1度、大阪は9.6度と、雪の降る寒さだったきのうと比べて、それぞれ5度前後も高くなりました。
一方、日本海側の地域は、寒気や低気圧の影響で、日差しがほとんど届きませんでした。それでも、きのうまでの強い寒気が後退したため、最高気温はきのうと比べて3度くらい高い所が多くなりました。

●あすは広く3月並みの気温に

あす(14日)は、日本付近は暖かい空気に覆われるため、きょうよりもさらに気温が上がる予想です。最高気温は、広く3月並みとなって、4月並みの暖かさとなる所もありそうです。東日本や西日本では、日中、日差しの下ではコートを着ていると暑く感じることもありそうです。
なお、雪の積もっている地域では、気温の上昇に伴って雪解けが進みますので、屋根からの落雪、また、なだれにも注意してください。