日本海にある低気圧が急速に発達しながら東に進み、7日夜には次第に冬型の気圧配置になる見込みです。
北陸地方の上空には強烈な寒気が流れ込むでしょう。北陸地方の各地であす7日から暴風雪や大雪、高波、雷や突風に注意・警戒が必要です。

●あす7日は日本海で低気圧急発達、あさって8日は冬型の気圧配置に

低気圧が日本海を東に進んでいます。この低気圧はあす7日にかけて急発達する見込みです。
北陸地方、あすは冬の嵐となるでしょう。各地で暴風雪が予想されます。沿岸部は高波にも警戒してください。大気の状態が非常に不安定となるため、落雷や突風にも注意が必要です。
低気圧が東に進むに伴い、7日夜ころから次第に冬型の気圧配置となる見込みです。
8日朝の気圧配置をみると、日本海で等圧線が袋状に折れ曲がっています。これは「里雪型大雪」をもたらすパターンです。
日本海にはJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)が形成され、北陸地方に活発な雪雲が次々と流れ込む予想になっています。
平地でも短時間強雪となる可能性があり、警報級の大雪になる恐れがあります。

●予想される降雪量は?

あす7日は、昼頃から雪が本格化してくる見込みです。
気象庁によると、あす6時~18時の12時間降雪量は、多い所で、
平地で10~20センチ、山地で25~40センチ
となっています。
その後、上空の寒気が強まるにつれて降雪量が増す予想です。
7日18時から8日18時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、
・新潟県 平地…50から90センチ / 山沿い…90から120センチ
・富山県 平地…50から70センチ / 山間部…70から100センチ
・石川県 平地…30から50センチ / 山地 …70から100センチ
・福井県 平地…20から40センチ / 山地 …60から80センチ
となっています。
JPCZにより、平地でも短時間に強い雪が降り、積雪量が一気に増加する可能性があります。
警報級の大雪となる恐れがありますので、無理のない行動をお願いいたします。