7日(木)から9日(土)ごろにかけては、四国地方の上空1500m付近に、前回(年末年始)よりも強い氷点下12度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置となる見込みです。

●山地を中心に大雪となり、平地でも積雪の恐れ

7日(木)明け方から9日(土)ごろにかけては、四国地方でも断続的に雪の降る所がある見込みです。山地を中心に大雪となり、平地でも積雪となる恐れがあります。積雪や路面の凍結による交通障害に注意してください。
7日6時から8日6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、
平地:5~10cm 山地:10~20cm
8日6時から9日6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、
平地:5~10cm 山地:10~20㎝
となっており、その後も降雪が続き、積雪が増える見込みです。
また、雪を伴った西~北西の風が強く、海上では7日明け方から昼過ぎにかけて、非常に強い風が吹くでしょう。寒気の程度によっては、太平洋側では雪を伴った暴風となる可能性もあります。

●10日(日)ごろにかけては凍える寒さに

10日(日)ごろにかけては、気温が平年を大きく下回って、凍える寒さとなるでしょう。
8日(金)、9日(土)は、最低気温が軒並み氷点下となる予想で、各地とも冷え込みが厳しい見込みです。
最高気温も5度以下の予想の所が多く、晴れる所でも日差しの温もりより風の冷たさ、空気の冷たさが勝る見込みです。
外出のご予定がある方は万全の防寒対策を心がけ、お家で過ごされる方も暖かくしてお過ごしください。

●11日も雪の可能性?

なお、四国地方では11日成人の日にも降雪となる可能性が出てきています。
現時点ではまだ不確実性が大きいものの、寒気が北上しきっていない状態で、低気圧が西日本付近を進んでいく可能性があり、低気圧の通る位置などによっては降雪となる可能性があります。
今後の情報にご注意ください。

●路面の凍結に注意

天気予報などで発表されている気温は、地上約1.5mの高さで計測しています。路面はそれよりも温度が低くなっていることが多く、気温が2~3度と発表されていても路面は凍結している可能性があります。
橋やトンネルの出入り口は風が吹き抜けるため気温が低くなりやすく、路面が凍結しやすい場所となります。交差点付近は、降り積もった雪が車の排熱によって溶けるため、路面が濡れた状態になりやすく、また、発進と停止が繰り返されるため、路面がタイヤで磨かれ、鏡のようにツルツルになっていることがあります。坂道やカーブはタイヤにかかる負荷が大きくなる分、路面凍結している所では車が滑りやすくなります。
凍結した路面を安全に走行するためには、スタッドレスタイヤ・タイヤチェーンが効果的ですが、それらを過信した運転は事故を起こす原因になります。不要不急の外出は控え、やむを得ず運転する場合はどのような道でも安全を最優先にした運転を心がけてください。