あす6日の関東地方は、日中は晴れ間が広がる見込み。夜は雨の降る所も。7日から強い寒気が流入。山沿いは雪になり、平地も雪の舞うことがありそう。

●あす6日(水) 昼頃は広く晴れ 夜は雨の所も

関東地方は、きょう5日は南部ほど厚い雲に覆われ、スッキリしない天気となっています。
あす6日は、朝から昼過ぎにかけては、おおむね晴れるでしょう。夕方以降は、海からの湿った空気や気圧の谷の影響で雲が増えてきます。マークにはないものの、夜は茨城県と千葉県の所々で雨が降りそうです。
最低気温は、今朝と同じくらいで、北部は氷が張るほどの所が多いでしょう。
最高気温は、きょうと同じかやや低く、10度前後の予想です。風は比較的穏やかで、日差しの温もりを感じられそうです。夜の気温は、朝と同じかやや高く、極端な冷え込みはないでしょう。

●7日(木)は次第に強い寒気が流れ込む

7日は、日中は気温が高めでも、夜は強い寒気が流れ込み、気温が急降下。夜は朝より寒くなり、北部山沿いは雪が降るでしょう。宇都宮市周辺など、内陸では平地でも雪が舞う可能性があります。
8日から9日にかけて強い寒気が居座るでしょう。北部山沿いは断続的に雪。先月の中頃ほどの大雪にはならない見込みですが、それでも、雪の強まることがあるでしょう。晴れる平地も気温が上がらず、日中も6度前後。朝晩は水道が凍結するほど(マイナス4度が目安)冷える所もありそうです。
10日以降、強い寒気は離れるものの、寒中らしい寒さ。そんな中、11日夜~12日朝には気圧の谷が通過する見込みで、一時的に冷たい雨や雪が降りそうです。
なお、tenki.jpの「2週間天気」によりますと、14日頃には暖かい空気が流れ込み、気温が15度を超える所もありますが、その先は再び寒くなるでしょう。日ごとの寒暖差が大きく、体調管理にいっそうの注意が必要です。