現在(5日12時頃)、広島市内は雲が多くなってきました。
今日(5日)の中国地方は気圧の谷の影響で次第に雲が広がり、昼過ぎからは日本海側を中心に雨の降る時がある見込みです。また中国山地の標高の高い所では雪が降る所もあるでしょう。日中の最高気温は瀬戸内側を中心に10度を超える所があり、この時季にしてはやや高い所が多い見込みです。今日は寒さが少し和らぎますが、明日(6日)からは寒気が流れ込み真冬の寒さに戻りそうです。また明後日(7日)以降はさらに強い寒気が南下してきそうです。

●7日と8日は今冬一番の寒気が流れ込む

7日と8日は強い冬型の気圧配置になり、中国地方の上空1500メートル付近にマイナス15度以下のかなり強い寒気が流れ込む見込みです。
日本海側や中国山地沿いは大雪になるおそれがあり、瀬戸内側でも雪の積もる所があるでしょう。また日本海側を中心に西の風が強まり、山陰沖は大しけになるおそれがあります。
朝の最低気温は軒並み氷点下、昼間の最高気温も氷点下のままの所があり厳しい寒さになりそうです。
積雪や路面・水道管の凍結、電線などへの着雪、雪の影響で見通しが悪くなる可能性があります。
今後も最新の気象情報をチェックして、雪への備えをなさってください。