連休中日の明日(22日)は、今朝と比べると、全国的に朝の冷え込みが一気に強まりそうです。朝晩と日中の寒暖差も大きくなるため、服装や体調管理に注意が必要です。また、夜は前線が通過するため、全国的に天気は下り坂に向かいます。

●「小雪」らしい冷え込みに

あすは二十四節気の「小雪(しょうせつ)」。冷え込みが厳しくなり、小雪がちらつき始める頃と言われます。
暦の通り、あすの朝は、冷え込みが戻りそうです。
最低気温は各地で今朝よりも大幅に下がり、10度以上低くなる所もある見込みです。
今夜は放射冷却が強まるためで、暖かかった朝が続いたこともあり、朝の冷え込みは特に強く感じられそうです。

●朝晩と昼間の気温差大

一方、昼間の気温は、あすも九州から関東を中心に、この時期としては高い状態が続きます。
北風も収まるため、日差しが暖かく感じられそうです。
きょうよりも朝晩との寒暖差が大きくなるため、服装選びや体調に注意して下さい。

●夜は広い範囲で傘の出番

あすは午前を中心に日の差す所が多いですが、全国的に天気は下り坂に向かいます。
日本付近を覆う移動性の高気圧は足早に去り、夜になると北海道~近畿を前線が通過するためで、
九州から東北南部は夕方以降、東北北部や北海道は昼頃から、広い範囲で天気が崩れそうです。
北海道では雪に変わる所が多く、一部ではふぶく見込みです。
昼間に日差しがあっても、折り畳みの傘があると安心です。