暖かな南風が東北まで届いて18日の最高気温はすでに20度超も。季節外れの暖かさは天気が崩れる前触れで19日夜からは青森や秋田で荒れた天気になる恐れがあります。

●日中はポカポカ 日本海側は降ってもパラパラ

きょう18日の東北地方は、北海道付近に延びる前線や低気圧に向かって暖かな空気が流れ込み、日中の気温は軒並み10月並みの所が多くなる見込みです。正午の気温は福島県浪江町で22.9℃、福島県いわき市山田町で21.8℃、宮城県丸森町で20.5℃など午前中から気温が20度以上に達している所もあり、晴れ間の多い東北南部では日差しが暖かく感じられます。このあと前線や低気圧はあす19日にかけてゆっくり東北地方に近づく見込みです。東北の日本海側や北部を中心に雲が増えて雨の降る所もありますが、きょうの降り方はパラパラと弱い所がほとんどでしょう。

●19日は朝から気温高い 夜は青森・秋田で荒天

あす19日にかけても暖かな南風が流れ込み、気温は朝から高くなるでしょう。日中の気温は20度を超えて10月並みの所が多く、青森市では22度と9月下旬並みとなる見込みです。ただ、あす夜からは前線が東北地方を通過するため、青森県の津軽地方や秋田県の沿岸を中心に南風が強く吹いて雨も強まります。あすお帰りが遅くなる方は横殴りの雨になりますので、大きく丈夫な傘をお持ちください。
あさって20日に雨雲が東北地方を通過したあとは冷たい空気と入れ替わります。3連休は徐々にこの時期らしい寒さが戻るでしょう。日本海側を中心にしぐれて、すっきりしない天気になりそうです。