全国的に、この先も晴れる日が多い。ただ、20日(金)頃は、低気圧や前線が日本付近を通過するため広く雨。強く降る所も。北海道や東北を中心に風も強まる見込み。

●天気の傾向

あす17日(火)から18日(水)は、高気圧に覆われて広く晴れるでしょう。風も比較的穏やかな見込みです。北海道は湿った空気が流れ込みやすく、曇りや雨の所がありますが、雨が強まることはなさそうです。
19日(木)は、前線が大陸方面から北海道付近へ延びるでしょう。また、この前線上の低気圧が日本海へ進んできます。天気はゆっくり下り坂に向かうでしょう。夕方以降、北海道は雨となり、本州でも雨の降り出す所がありそうです。
20日(金)は、低気圧や前線の影響で全国的に雨。ザッと強く降ることもあるでしょう。北海道や東北を中心に風も強まり、荒れた天気になる所もありそうです。風の強さやピークの時間帯など、詳細な情報は、今後更新していきます。
21日(土)から22日(日)は、再び広く晴れるでしょう。23日(月)は前線の影響で所々で雨が降りそうです。

●気温の傾向

気温は、しばらくは全国的に平年より高いでしょう。関東以西では日中の気温が広く20度を超え、25度くらいまで上がる所も。シャツ一枚か、半袖でも過ごせるほどになりそうです。
ただ、20日(金)に雨や風が強まったあと、暖かい空気が離れていきます。21日(土)以降は、晴れても気温があまり上がらないでしょう。特に、北海道や東北は気温の変動が大きく、急に寒くなりそうです。関東から西も、日中の気温が20度に届かず、それまでに比べるとヒンヤリと感じられるでしょう。