今朝13日の近畿地方は、冷え込みが緩みましたが(今朝の大阪市の最低気温は12度9分)、今週の前半は寒気が流れ込んだ影響で朝晩は冷え込み、京阪神の市街地の紅葉も徐々に進んで色づき始めています。
近畿地方では、明日土曜日から日曜日にかけては晴れ間が広がり、澄んだ青空の下、紅葉が一層と映えそうです。

●気になるこの先の天気

近畿地方では、明日14日土曜日から暫くは、日本付近に移動してくる高気圧に覆われて、おおむね晴れの天気が続くでしょう。週末は、日差しがたっぷりと降りそそぎ、行楽日和になるでしょう。

●紅葉の名所 京都でも週末は紅葉日和

紅葉の名所である京都の紅葉の状況は、標高の高い山間部が中心となっていますが、見ごろの地域が山からふもとへと徐々に下がり始め、市街地から離れた大原にある三千院門跡でも見ごろを迎えています。
京都の市街地周辺の紅葉スポットでも、葉が色づき始め、週末の土曜日から日曜日にかけては、まだ見ごろとまではいかないものの、紅葉が進むでしょう。

●週末の気温 服装選びは?

土曜日と日曜日の日中の最高気温は20度前後で、過ごしやすい陽気になりますが、土曜日は日曜日に比べると北よりの風がやや冷たく感じられるでしょう。
また、土曜日の夜から日曜日の朝は、放射冷却現象が強まって冷え込みが強まるため、土曜日に夜間の特別拝観を計画されている方は、風を通しにくい上着をご用意ください。寒さに弱い方は、手袋などがあると良さそうです。