この先の一週間は、本州付近は晴れる日が多く、北海道から東北の日本海側と北陸では曇りや雨の日がある見込み。沖縄では晴れる日が多くなる。七五三は、全国的な秋晴れに。

●あす13日の天気 北海道から東北日本海側で下り坂

あす13日(金曜日)は、北海道と東北は日本海側を中心に次第に雨が降りやすくなり、雷雨になる所もありますが、関東から九州は晴れる所が多いでしょう。沖縄では曇りや雨のスッキリしない天気が続きそうです。朝は冷え込みの強まる所もありますが、日中は寒さの緩む所が多くなりそうです。

●あさってから 本州から九州は秋晴れ続く

本州付近は、移動性高気圧の通り道のようになるため、晴れる日が多い見込みです。北海道から東北の太平洋側と関東や東海は高気圧に覆われて晴れる日が多い見込みです。18日頃は、本州の南を気圧の谷が通過するため雲の広がる所が多くなるでしょう。
北海道から東北にかけての日本海側と北陸では、晴れる日もありますが、気圧の谷と寒気の影響で、曇る日が多く、雨や雪の降る日もあるでしょう。
近畿から九州は、週明け頃にかけては高気圧に覆われて晴れますが、来週になると気圧の谷と湿った空気の影響で雲が広がりやすくなり、雨の降る所もある見込みです。
沖縄は、本州付近の高気圧から流れ込む北東の風と前線の影響を受けて曇りや雨の日がありますが、次第に高気圧に覆われて晴れる日が多くなりそうです。
最高気温と最低気温は、全国的に平年並みか高くなる予想です。特に、来週になると、平年よりかなり高い所もあるでしょう。