【ニューヨークAFP=時事】米ロック歌手のブルース・スプリングスティーン(71)が7日、ニューヨークのブロードウェイでの自らの名を冠したショーを26日から再開すると発表した。(写真は米歌手のブルース・スプリングスティーン。ニューヨークで)
 新型コロナウイルス流行の影響で閉鎖していたニューヨークでは、各所が再開しているが、大規模な屋内会場で公演するスーパースターはスプリングスティーンが初めて。
 「スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ」に入場できるのは、コロナワクチン接種済みの人のみで、接種済み証明書が必要となる。
 スプリングスティーンは、「『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』の公演は大好きだし、ブロードウェイ再開の一環として再上演を依頼されたことにワクワクしている」と語った。
 ショーは、ニュージャージー州出身のスプリングスティーンが、自分の人生をアコースティックギターなどを演奏し振り返る内容となっている。2017年10月~18年12月に236回上演され、チケットはすべて完売した。
 巨大なホールやスタジアムでもチケットが完売となる「ザ・ボス」ことスプリングスティーンは今回、9月4日までの最新公演の会場に定員わずか1700人程度のセントジェームズ劇場を選んでいる。
 ブロードウェイの劇場はまだほとんどが再開しておらず、大規模な興行は早くても9月になる見通しだ。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/06/09-12:30)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「B・スプリングスティーンのブロードウェイ公演再開 観客はワクチンを