【プノンペンAFP=時事】カンボジアでその並外れた嗅覚を発揮し地雷・不発弾除去活動に貢献したアフリカオニネズミ「マガワ」が、5年間の現役生活を終え、好物のバナナとピーナツを楽しむ生活に入ることになった。マガワを訓練したベルギーの慈善団体「APOPO」が5日、AFPに明らかにした。(写真はカンボジアでの地雷除去活動に貢献したアフリカオニネズミのマガワ。英国の慈善団体PDSA提供)
 カンボジアでAPOPOのプログラムマネジャーを務めるマイケル・ヘイマン氏は5日、これまでに地雷71個と不発弾38個を見つけてきたマガワは、「やや疲れてきた」とAFPに語った。「引退させてあげるのが一番だ」
 カンボジアでは1975~1998年に大量の地雷が敷設され、数万人が犠牲となっている。APOPOによると、マガワは5年間で22万5000平方メートルの土地の地雷除去に貢献した。
 今後マガワは好きなことをする時間が増えるという。バナナやピーナツを食べることだ。
 APOPOによると、最近、訓練を受けた20匹のネズミが新たにカンボジアに到着し、地雷探知業務の開始に向けて当局の認証を受けた。
 マガワは「とても類まれなネズミ」だったとヘイマン氏は言う。「今後の作業で、彼がいてくれれば、と思うことがあるのは間違いない」【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/06/08-13:37)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「カンボジアの地雷除去で大活躍、ネズミの「マガワ」が引退