【ロサンゼルスAFP=時事】「私のまねをしては駄目」──米カリフォルニア州の17歳少女が、愛犬を守るために大きなクロクマを塀から突き落とした動画が話題になっている。(写真は資料写真)
 同州ブラッドバリーに住むヘイリー・モリニコさんは、クマを無事に追い払えたのは運が良かったと語った。
 モリニコさんは、クマとの遭遇の一部始終を捉えた防犯カメラの映像を動画投稿アプリ「ティックトック」で投稿。米テレビ各局で報じられると、約1000万件の「いいね」が寄せられた。
 2頭の子グマを連れた母グマが塀の上に現れた時、モリニコさんは母親と庭いじりをしていた。
 犬たちがクマに気付き、ほえながら向かっていった。子グマは後ろに下がったが、母グマは腕を振り回して犬たちを寄せ付けず、1匹を持ち上げようとさえした。
 モリニコさんは地元テレビ局KTLAに対し、犬たちが何に向かってほえているのかと思って駆け付けると、相手は犬ではなくクマだったと語った。「とっさに思い付いたのは、クマを押すことだった。どうにかうまくいった」
 母グマはバランスを崩して塀から落ち、子グマたちと逃げて行った。
 防犯カメラの映像には、パニックに陥ったモリニコさんの両親の声も入っていた。母親はフェイスブックに、「人生で最も恐ろしい瞬間の一つ」だったと記した。
 野生動物専門家の推定によると、母グマは体重約70キロで、子グマは生後数か月だという。
 カリフォルニア州の野生生物当局によると、クロクマは同州の一部地域でよく目撃されているが、防衛的な行動を取ることが多く、襲われることはほとんどないという。
 モリニコさんは、突き指だけで切り抜けることができたが、自分のまねをするのはお勧めできないと語った。「クマを押してはいけない」
 「私のまねをしては駄目。同じ結果になるとは限らないから」【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/06/04-13:51)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「「まねしては駄目」17歳少女がクマ撃退、愛犬守った動画が話題に