【ロンドンAFP=時事】英国のエリザベス女王の側近らが、バッキンガム宮殿の事務職について、少なくとも1960年代末まで「有色人種の移民や外国人」の雇用を禁じていたことが、文書記録から明らかになった。英紙ガーディアンが2日、報じた。(写真は資料写真)
 同紙によると、女王と王室は人種差別と性差別を禁じた1970年代の法律の適用免除措置も取り付けており、免除は現在も続いている。
 同紙は国立公文書館に保管されていた文書記録を引用し、1968年に女王の財務責任者が雇用方針について政府高官に説明したことがあったとしている。
 文書には、同責任者が「有色人種の移民や外国人」を事務職などに任命することは慣行ではなく、「有職人種の応募者」の採用が検討されるのは「一般的な家事などの職」のみだと話したと書かれていた。
 同紙によれば、この方針がいつまで続いたかは不明だが、バッキンガム宮殿は1990年代には有色人種の職員の雇用記録があったと明かしている。
 これについて王室報道官は、「50年以上前の会話に関する間接的な記録に基づいた主張は、今日の出来事や運営に関する結論や臆測に用いられるべきではない」とする声明を出した。
 今回の報道を受け、英王室で過去に取り沙汰された人種差別問題に再び注目が集まるとみられている。
 3月にはヘンリー王子とメーガン妃夫妻が、誕生前だった第1子の肌の色について、ある王室メンバーが懸念を示していたと暴露。これを受け、ヘンリー王子の兄のウィリアム王子は記者らに対し、英王室は決して人種差別主義ではないと断言していた。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/06/04-12:28)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「英王室、有色人種の事務職雇用禁止か 文書記録が浮上