【キトAFP=時事】南米エクアドルの当局は25日、ガラパゴス諸島のフェルナンディナ島で2019年に見つかったカメについて、遺伝子解析によって、1世紀余り前に絶滅したと考えられていた種であることが確認されたと発表した。(写真は資料写真)
 グスタボ・マリク環境・水資源相は、「この種は100年余り前に絶滅したと考えられていた!」と発表した。「この種の存続を再確認した。フェルナンディナゾウガメ(学名:Chelonoidis phantasticus)が、ガラパゴスで見つかった」
 米エール大学の遺伝学者らが2019年に見つかった雌のカメのDNAと、1906年に雄のフェルナンディナゾウガメから採取した検体を比較した。この検体は、米カリフォルニア科学アカデミーの遠征調査で採取され、博物館で保管されていた。
 フェルナンディナ島の固有種であるフェルナンディナゾウガメは、かつては15亜種が存在したとされるガラパゴスゾウガメの一種。
 ガラパゴス国立公園のディレクター、ダニー・ルエダ氏は環境・水資源省の発表の中で、「この発見は、この種がロンサム・ジョージ(独りぼっちのジョージ)と同じ運命をたどるのを避け、復活するための新たな希望となるのは間違いない」と述べた。
 ピンタゾウガメ(学名:Chelonoidis abingdonii)のロンサム・ジョージは、飼育下で近縁種の雌と交配することなく、2012年に子孫を残さず死んだ。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/06/01-14:24)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「1世紀前に絶滅したはずのガラパゴスゾウガメ、生存を確認