【ロンドンAFP=時事】世界的に有名な英国の宇宙物理学者で、2018年に死去した故スティーブン・ホーキング博士の論文やさまざま私物が、後世に保存されることになった。(写真は資料写真)
 英ケンブリッジ大学図書館と英国の博物館グループ「サイエンス・ミュージアム・グループ」が、英政府との合意に基づき、420万ポンド(約6億5000万円)で博士ゆかりの品々を取得した。
 1万ページに及ぶホーキング博士の科学論文やその他の文書などは、博士が死去した英東部の大学都市ケンブリッジに残される。
 学術論文や、博士が出演したテレビ番組の台本などの1944~2008年の文書は、アイザック・ニュートンやチャールズ・ダーウィンの論文と共に保管される。
 博士の車いすや音声合成装置、ケンブリッジ大学の研究室などが、ロンドンの科学博物館に保存され、一部は来年から公開される。
 2018年3月に76歳で死去したホーキング博士の遺灰は、ロンドンのウェストミンスター寺院にあるニュートンとダーウィンの墓のそばに埋葬された。
 理論物理学者だったホーキング博士は、時間と空間の性質を説明する相対性理論や、最小の粒子の動きを扱う量子論など、宇宙の謎を解明することに人生をささげた。
 1988年に出版されたベストセラー書籍「ホーキング、宇宙を語る」では、宇宙の法則やブラックホールをめぐる難解な科学を広く一般に伝えた。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/06/01-14:19)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「ホーキング博士の論文や車いす、後世に保存へ 英