【モスクワAFP=時事】ロシアは18日、2018年にロシアと米国の宇宙飛行士を乗せて国際宇宙ステーション(ISS)から地球に戻ったソユーズ宇宙船の降下モジュールを売りに出したと発表した。(写真は国際宇宙ステーション<ISS>から3人の宇宙飛行士を乗せてカザフスタン・ジェズカズガンの草原に着陸したソユーズMS-08宇宙船の降下モジュール)
 ロシア国営宇宙企業ロスコスモス傘下のグラブコスモスによると、売りに出されているのはソユーズMS-08宇宙船の降下モジュール738号。「この着陸機は、航空宇宙関連の公的・私的な展示会で素晴らしい目玉になる」としている。
 グラブコスモス広報のエフゲニー・コロミエフ氏はAFPに対し、価格は「企業秘密」だとして明らかにしなかった。購入希望者はグラブコスモスのウェブサイトから申し込む必要があるという。
 ソユーズMS-08宇宙船は2018年3月、ロシアのオレッグ・アルテミエフ、米航空宇宙局(NASA)のアンドリュー・フューステルとリチャード・アーノルドの3飛行士をISSに送った。3飛行士は同年10月、今回売りに出された降下モジュール738号でカザフスタンに着陸し、地球に帰還した。
 グラブコスモスのドミトリー・ロスクトフ最高経営責任者(CEO)は国営ロシア通信(RIA)に対し、将来的にミッションを終えた別の宇宙船を販売する可能性を排除しないと述べた。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/05/25-14:15)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「ロシア、ソユーズ降下モジュールを販売中 価格は「秘密」