【マヤベケAFP=時事】ハイタカの外見や鳴き声を忠実に再現したドローンが、キューバの飛行場で鳥を追い払っている。このドローンは、木材や金属片、プラスチックで作られたものだ。(写真はドローンの試験飛行を行うアラソルシオネスのエリック・カルモナさん。キューバ・マヤベケ州の使われていない空港で)
 遠くから見ると鳥に見まがうかもしれない。ドローンは1.3メートルある翼で空を舞ったり、急降下したりと1時間ほど自律飛行できる。羽はやや硬いが印象的だ。
 ドローンを手掛けるのは、技術者集団「アラソルシオネス」。1962年から米国の制裁下にある同国で、外国の技術に代わって、より安価な国産品を開発しようと活動している。
 アラソルシオネスのエルネスト・アラゴンさん(50)は、「私たちは課題を解決したい気持ちをかたくなに持ち続けてきた」と語る。
 材料の調達や技術的な問題に加え、キューバ共産党(PCC)の管理下にあるため、民間の商取引が法律で禁止されていることも課題となっている。

■キューバ産の技術
 プロジェクト開始から4年。エンジニアらは、離陸から着陸まで自律飛行するドローンの開発に何とかこぎ着けた。
 このドローンは空港で鳥を追い払うのに使われている他、政府によって、農家の作物観察、ガス配管や電気設備、通信塔の点検などにも活用されている。
 キューバの法律では個人事業は禁止されているため、アラソルシオネスはこれまで企業登録ができなかった。
 だが今年2月、政府はこれまで厳格な管理下にあった2000以上の業種について、国家公務員ではなく民間の事業主としての登録を許可すると発表。4月に実施されたPCCの党大会では、マヌエル・マレロ首相が技術革新を促進するため、中小企業の登録を可能にする規定をまとめていると述べた。
 アラソルシオネスのエリック・カルモナ最高経営責任者(CEO)は、「中小企業法が施行した時に、企業登録できるよう準備している」と語った。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/05/25-13:56)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「キューバ国産ドローン、技術者の夢乗せ空を舞う