【ガザ市AFP=時事】パレスチナ自治区ガザ地区の病院で、モハンマド・ハディディさん(37)は、一人生き残った生後5か月の息子をあやしている──イスラエルの夜間の空爆によりハディディさんの妻と他の子どもたちは死亡した。(写真はイスラエルによる空爆で大破した建物から救出されたオマルちゃん。パレスチナ自治区ガザ地区の病院で)
 「この世で私に残されたのは、おまえだけ」とハディディさんは、オマルちゃんに語りかける。
 15日朝、オマルちゃんはがれきの中で発見された。亡くなった母親の腕に抱かれ、細い脚は3か所で骨折していた。
 この空爆で、ハディディさんの妻マハ・アブ・ハターブさん(36)と6歳から13歳までの兄弟4人が命を落とした。
 「みんな神様を探しに行ってしまった」とハディディさんは声をつまらせて泣いた。「すぐにみんなと会える。おまえと二人で。ああ神様、ずっとは待てません」
 ハディディさんは病室のベッドに座り、腕の中の息子の頬にキスをした。その顔は傷だらけで、茶色い巻き毛の下のまぶたは黒く腫れあがり、右脚はギプスで固定されていた。

■「お泊まりしたい」の電話が最後に
 15日の空爆はイスラム教の断食月「ラマダン」の終わりを祝う大祭「イード・アル・フィトル」と重なった。
 前日の14日、オマルちゃんと4人の兄は母親に連れられて、ガザ市近郊のシャティ難民キャンプに住むいとこを訪ねた。祭りの服を着て、おもちゃも持って行った。
 「夕方、お泊まりしたいと電話をもらったので許可した」とハディディさんは振り返る。
 その後、一人で寝入ったが「突然、爆撃の音で目が覚めた」。
 隣人からの電話で、イスラエルのミサイルが妻と子どもらが滞在する建物に命中したことを知った。「必死に駆け付けたが、着いたときには、家はがれきの山だった。救助隊が遺体をがれきの中から収容していた」
 その家の妻と4人の子どもも命を落とした。
 ハディディさんが生き残った自分の息子を胸に抱きしめる映像は、ソーシャルメディアで広くシェアされた。

■「神様は私たちの運命を用意していた」
 「他の息子はみな母乳で育ったが、オマルだけは生まれた日から拒んだ」と述べるハディディさん。「神様は私たちの運命を用意していた。私たちにはそれが分からなかった」
 交戦が始まった10日以降、イスラエルの空爆により、封鎖されたガザ地区では200人以上の命が奪われた。この中には、50人以上の子どもが含まれている。一方のイスラエル側も、パレスチナの武装グループによるロケット弾攻撃で10人以上が死亡している。
 ハディディさんは、イスラエルが子どもたちを狙い撃ちしていると述べ、非難する。「家から避難させる警告なしで爆撃を受けるなんて。あの子たちが何をしたというのだ」
 イスラエルは、ガザ地区を実効支配しているイスラム原理主義組織ハマスなどの武装戦闘員が攻撃対象だと主張する。
 しかし人権擁護団体は、人口200万の過密地帯で女性や子どもも殺害しているイスラエルの攻撃を糾弾する。
 ガザに本拠を置くメザン人権センターによると、前週からの空爆により住居341戸が破壊されている。
 空爆が続くなか、オマルちゃんが十分に回復したら家に連れて帰るとハディディさんは言う。「自分ひとりで、この子を育て上げる」【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/05/20-15:59)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「「残されたのは、おまえだけ」 ガザ空爆を生き延びた乳飲み子と父の絆