【ワシントンAFP=時事】無料のビール、無料のドーナツ、無料の野球観戦チケット、無料の貯蓄債権──。米国の政府と民間は連携して、あの手この手で新型コロナウイルスワクチンの接種を奨励している。(写真は資料写真)
 ジョー・バイデン米大統領は、7月4日の独立記念日までに成人の70%が少なくとも1回の接種を終えることを目指している。だが、目標達成には国民のワクチン忌避感情を克服することがカギとなる。
 「接種を受けるためにちょっとした励ましが必要な米国民が数百万いる」と大統領は4日、ホワイトハウスで記者団に語った。
 今月6日の時点で、米国成人の約56%、すなわち1億4500万人強が少なくとも1回のコロナワクチン接種を受けているが、最近はペースが鈍化している。
 連邦、州、地方の行政当局は、製薬会社、飲食店、ビール醸造所、スーパーマーケット、スポーツチームなどと提携しながら、ワクチン接種の奨励策を考案している。
 ニュージャージー州では、フィル・マーフィー知事が「ショット・アンド・ビール(注射でビール1杯)」というキャンペーンを開始。「5月中に1回目のワクチンを打った(21歳以上の)ニュージャージー州民は、接種証明カードをキャンペーン参加中の醸造所に持っていけば、ビール1杯を無料でもらえる」とツイッターに投稿した。
 コネティカット州のネッド・ラモント知事は先月、レストランと提携で同様の「フリードリンク」企画を発表した。
 首都ワシントンのミュリエル・バウザー市長は住民にこう呼び掛けている。ジョン・F・ケネディ・センターで「接種を受けて、こちらのおごりでビール1杯どうぞ」。
 ニューヨーク州のアンドルー・クオモ知事は、ニューヨーク市を本拠とする米大リーグ(MLB)の2チーム、ニューヨーク・ヤンキースかニューヨーク・メッツが試合を行う際に、スタジアムでワクチン接種を行うと発表。「ワクチンを打てば、ヤンキースかメッツの無料の観戦チケットがもらえる」と呼び掛けた。

■「様子を見る」と答えた割合は15%
 配車サービス大手のウーバーとリフトは、ワクチン接種会場への無料・割引乗車を提供している。スーパーマーケットの中には、ワクチン接種を証明できれば食料雑貨購入額を10%値引いているところもある。
 大手食品会社クリスピー・クリームは、同社の店舗でワクチン接種カードを提示した人にドーナツ1個を無料でプレゼントしている。
 ウェストバージニア州のジム・ジャスティス知事は、ワクチン接種を受けた16歳から35歳までの住民に対し、100ドル(約1万1000円)相当の貯蓄債権を提供すると発表。「今の若者は、この状況に終止符を打つのに自分たちがどれだけ重要な存在か、おそらく分かっていないだろう」と述べた。「この危機を乗り越えるため、若者と、そして私たち世代にも(ワクチン接種への)やる気を起こさせる方法を考えている」
 メリーランド州のラリー・ホーガン知事は、ワクチン接種した州職員に対し100ドルの手当を払うと約束した。ただし、米疾病対策センター(CDC)が推奨するいかなるブースター(追加免疫)接種でも受けることが条件だ。
 「このような奨励策は、ワクチン接種がいかに重要かを示す一つの手段だ。わが州全域の企業に対し、従業員への奨励策の提供を検討するよう強く要請する」とホーガン氏は述べている。
 カイザー家族財団が4月に実施した調査によると、18歳から29歳までの米国人のうち、すでにワクチン接種を受けたか、できるだけ早く受けたいと答えた割合が合わせて65%だったのに対し、「様子を見る」と答えた割合は15%に上った。13%は「絶対に受けない」と回答している。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/05/13-13:47)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「無料でビール、ドーナツ、野球観戦…あの手この手でワクチン奨励 米