【ロサンゼルスAFP=時事】米カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は23日、石油などの採掘手法であるフラッキング(水圧破砕法)の新規認可を2024年までに禁止すると発表した。同州は、今後数十年間で化石燃料の採掘を停止させる方向に進んでいる。(写真は資料写真)
 フラッキングは環境への悪影響が懸念されている。業界団体によれば、フラッキングによる採掘はカリフォルニア州全体の最大17%を占める。
 ニューサム知事は、「気候危機は現実のものであり、われわれはその兆候を日々目にしている」として、「輸送分野の脱炭素を進め、子どもたちのためにより健全な未来を作る上で、フラッキングが担うべき役割は見えない」と述べ、「カリフォルニア州は石油の先を目指す必要がある」と訴えた。
 同氏はまた、同州の担当機関に対し、2045年までに石油採掘を段階的に廃止するための「道筋」を調査するよう指示した。
 カリフォルニア州は、2045年までに州全体での温室効果ガスの排出量を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」を目指している他、ニューサム知事が2035年までに内燃機関の新車販売を禁止すると決定しているなど、気候変動と闘う姿勢を見せている。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/04/27-14:24)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「米加州、2024年までにフラッキング禁止へ 脱炭素目指す