【ロンドンAFP=時事】英イングランドのサッカークラブなどが、人種差別への抗議の一環で、ソーシャルメディアでの活動を休止する3日間のSNSボイコットを来週末に行うことになった。各統括団体が24日に発表した。(写真は資料写真)
 SNSを休止するのは統括団体のイングランドサッカー協会(FA)とプレミアリーグ、2部から4部に当たるフットボールリーグ、女子スーパーリーグの各クラブで、4月30日午後2時(日本時間30日午後10時)から5月3日の午後10時59分(日本時間4日午前6時59分)にかけて実施する。審判協会と監督協会も参加する。
 参加団体は、「選手やサッカー関係者が以前から受けているオンライン上の差別的な嫌がらせへの対応として」、団結してSNSボイコットを行うと共同発表した。
 クラブ別では、すでにスコティッシュ・プレミアシップ(1部)王者のグラスゴー・レンジャーズやイングランド・チャンピオンシップリーグ(2部)のスウォンジー・シティとバーミンガム・シティが、1週間のSNSボイコットを行っている。
 選手個別でも、アーセナルやフランス代表で活躍したティエリ・アンリ氏が差別への抗議としてSNSをやめたことを受け、リバプール主将のジョーダン・ヘンダーソンも同じことをする用意があると話していた。
 スウォンジーは、所属する3選手が差別の標的になったことを受け行動した。他にもマーカス・ラシュフォード、トレント・アレクサンダー・アーノルド、ラヒーム・スターリングら代表選手をはじめ、多くの選手が人種差別の被害に遭っている。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/04/26-12:25)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「英サッカークラブ、「SNSボイコット」で人種差別に抗議