【ワシントンAFP=時事】米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの偽造品が、メキシコとポーランドで摘発された。1回分2500ドル(約27万円)で販売されたものもあったという。米紙の報道を、ファイザーと当局者が認めた。(写真は資料写真)
 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、メキシコの診療所では約80人が偽ワクチンの接種を受けた。体に害はなかったとされるが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への効果はゼロだ。
 メキシコ政府のCOVID-19担当報道官は、ソーシャルメディアで偽ワクチン1回分が最高2500ドルで販売されているのをサイバー犯罪対策課が摘発し、数人が逮捕されたと述べた。
 当局によると、偽ワクチンの小瓶がクーラーボックスから見つかった。
 ファイザーは、ポーランドでも偽ワクチンが押収されたことを確認した。小瓶の中身はしわ取り美容液だったとみられている。
 同社の広報担当者は米ABCニュースに対し、「電子商取引の簡便性とインターネットの匿名性が助長するこうした環境では、COVID-19のワクチンや治療に関連した詐欺や偽造、その他の違法行為がさらにまん延することを認識している」と述べた。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/04/23-12:56)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「偽ファイザーワクチン、メキシコとポーランドで摘発 最高27万円で販売