【ニューデリーAFP=時事】ヒンズー教の大祭「クンブメーラ」が開催されているガンジス川が流れるインド北部ウッタラカンド州ハリドワールでは、2日間で1000人以上に新型コロナウイルスの感染が確認された。当局が14日、明らかにした。(写真はインド北部ハリドワールを流れるガンジス川で、ヒンズー教の大祭「クンブメーラ」に参加し沐浴<もくよく>する聖人)
 ウッタラカンド州政府によると、ハリドワールで検査を受けた約5万人のうち、12日には408人、13日には594人の感染が確認された。
 インドでは感染が急拡大しているが、ガンジス川には大勢の巡礼者が集まっており、その多くがマスクを着けていない。12日と13日にも巡礼者がひしめき合い、沐浴(もくよく)をする姿が見られた。
 世界最大の宗教行事と言われるクンブメーラの実行委員はAFPに対し、「母なるガンジス川が巡礼者をこの大流行から守りたまう」と話した。
 人口13億人のインドは今週、ブラジルを抜いて世界で2番目に累計感染者数が多い国となった。
 14日には、24時間で確認された感染者数は1日当たりでは過去最多の18万4000人以上だったと発表。累計感染者数は約1390万人となった。また、1日当たりの死者が昨年10月中旬以来初めて1000人を超えた。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/04/15-11:33)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「ガンジス川に大勢の巡礼者、2日間でコロナ感染1000人超 インド