【ニューヨークAFP=時事】米人気恋愛リアリティー番組「バチェラー」の主役を務めた元ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)選手のコルトン・アンダーウッドさん(29)が14日、同性愛者であることを公表した。(写真は米23代目「バチェラー」のコルトン・アンダーウッドさん)
 アンダーウッドさんは2018年、1人の女性との結婚をめぐり多数の男性が競い合うリアリティー番組「バチェロレッテ」のシーズン14に出演し、最後の4人まで残ったものの脱落。翌年、男性を主人公とした「バチェラー」シーズン23の主役に抜擢された。
 アンダーウッドさんはABCテレビの番組「グッド・モーニング・アメリカ」で「長い間、自分から逃げ、自分を憎んできた」と説明。バチェラー役を引き受けたことを「後悔」しており、参加した女性の中にだまされたと思う人がいても理解できると語った。
 思春期に自身が同性愛者であることに気付いたが、カトリック系の学校に通っていたころ、「ゲイが罪であると聖書から学んだ」と説明。現役選手時代には、周囲の人々が「ゲイ」という言葉を悪い意味で使っていたとも回想した。一時は「自殺を考えた」ものの、自分の人生を「取り戻す」ことを決意したという。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/04/15-11:30)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「米「バチェラー」が同性愛公表 元NFL選手のアンダーウッドさん