【エイントリーAFP=時事】英国競馬の障害レース、グランドナショナルが10日、エイントリー競馬場で行われ、ミネラタイムズに騎乗したレイチェル・ブラックモア騎手が女性として初めて優勝を果たした。(写真は英国競馬の障害レース、グランドナショナル。優勝を喜ぶミネラタイムズ騎乗のレイチェル・ブラックモア騎手)
 31歳のブラックモアは、3月のチャンピオンハードルでも完璧なレースを披露して歴史的な優勝を飾っていたが、1839年に始まった世界一過酷な障害競走を制し、さらなる栄冠を手にした。
 グランドナショナルでは、44年前にシャーロット・ブリューが女性騎手として初挑戦し、2012年にケイティ・ウォルシュがシーバスで3着に入って優勝に迫っていたが、今回ブラックモアが快挙を達成した。
 ブラックモアは「今は自分が女性か男性かだけでなく、人間だという感じすらしない」と話しつつ、「信じられない」と優勝を喜んだ。レースを終えた後も、いまだに実感が湧かない様子で「自分がレイチェル・ブラックモアなのかも分からない」とコメントしている。
 「2011年に始めた頃は、このレースで勝つのはもちろん、乗ることさえ想像できなかった」
 「今回の優勝は、誰だって夢を実現できるというメッセージになると思う」【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/04/13-14:31)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「女性騎手が初優勝の快挙 世界一過酷な障害戦、グランドナショナル