【コロンボAFP=時事】スリランカで開催された「ミセス・スリランカ」コンテストの授賞式で、前回優勝者にステージ上で王冠を奪い取られたプシュピカ・デシルバさんの優勝が6日、改めて確定した。デシルバさんは前回優勝者を訴える構えだ。(写真はスリランカ・コロンボで開催された「ミセス・スリランカ」コンテストで、優勝者プシュピカ・デシルバさん<中央>から王冠を取る前回優勝者のキャロライン・ジュリーさん<左から2人目>)
 デシルバさんは4日の授賞式終了後、病院で手当てを受けている。
 6日にささやかな授賞式が再度行われ、デシルバさんは晴れて「ミセス・スリランカ」となった。
 デシルバさんは、「今回の出来事に関わったすべての人を許します」と感情をあらわにしながら話した。だが、前回優勝者キャロライン・ジュリーさんには、法的措置を取るつもりだという。
 ジュリーさんは授賞式のクライマックスで、デシルバさんの王冠を無理やりはぎ取り、離婚しているデシルバさんにミセス・スリランカの資格はないと説明した。
 ミセス・スリランカは既婚者であることが参加資格となっている。デシルバさんは夫と別居中だが、法的には婚姻関係を維持している。
 主催者らは、授賞式を台無しにし、複数の控室の鏡を割ったとして、ジュリーさんに損害賠償を請求していると明らかにした。また、現「ミセス・ワールド」のジュリーさんが、ミセス・スリランカの信用を失墜させたと非難している。
 問題の授賞式は、ソーシャルメディアで生中継されていた。
 インターネットでは、ジュリーさんからミセス・ワールドを剥奪すべきだとの声が上がっている。
 ジュリーさんは、これまでのところコメントをしていない。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/04/09-12:18)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「「ミセス・スリランカ」、前回優勝者が無理に王冠奪う騒動に