【ブリュッセルAFP=時事】ベルギー首都ブリュッセルの公園で1日、エープリルフールのいたずらとしてソーシャルメディアで告知された偽のコンサート情報に最大2000人が集まり、群衆を解散させるために警察が放水車などを使う騒ぎとなった。(写真はベルギーの首都ブリュッセル市内の公園で、偽のコンサート情報に集まった群衆と現場に出動した警察官ら)
 現場では、防護ヘルメットをかぶった警察官が一列に並んで前進。騎馬警官も出動した。現場のAFP記者らによると、警察に対し物が投げつけられる場面もあった。警察によれば、4人が逮捕され、警官3人が負傷、うち1人が病院に搬送された。
 ベルギーでは新型コロナウイルス対策として、屋外での5人以上の集まりが禁止されている。ブリュッセルの司法当局は先月31日、ソーシャルメディア上の「パーティー」告知は違法であり、主催者は刑事責任を問われる可能性があると警告していた。
 ベルギー政府は27日、新型コロナウイルスの新規感染急増を受け、学校閉鎖や国境封鎖を含む制限を新たに課した。ブリュッセルのフィリップ・クロース市長はツイッターに、春の陽気に誘われ外出したい気持ちは理解できるが「そのような集まりは容認できない」と投稿した。
 ある参加者はAFPに対し「何の理由もなく催涙ガスを使われた」と訴えた。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/04/02-19:38)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「ベルギー警察、群衆に放水 エープリルフールの偽情報で多数集結