【ワシントンAFP=時事】ジョー・バイデン米大統領の妻、ジル氏は1日、エープリルフールに合わせ、訪問先のカリフォルニア州から首都ワシントンに向かう飛行機の機内で客室乗務員に変装し、同行記者団やスタッフにアイスクリームを配った。(写真はジル・バイデン米大統領夫人)
 客室に黒いショートヘアで黒いマスクを着けた、「ジャスミン」という名札の女性が現れ、スタッフや大統領警護隊(シークレットサービス)、記者らにアイスクリームを振る舞った。
 5分後、「ジャスミン」は再び客室に登場し、かつらを外して正体を明かした。記者らによると、ジル氏は笑いながら「エープリルフール!」と言ったという。
 ジル氏は以前にも同じようないたずらをしている。米メディアによると、ジョー・バイデン氏が副大統領だった時、副大統領専用機「エアフォースツー」の頭上の手荷物入れに隠れ、最初に開けた人を驚かせたことがある。
 代表記事は、記者らは「完全にだまされた」が、ジル氏のスタッフも変装に気付かなかったことに慰められていると伝えている。チョコレートでコーティングされたバニラ味のアイスクリームは「おいしかった」という。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/04/02-19:16)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「ジル米大統領夫人、客室乗務員に変装しサプライズ! アイス配る