【パリAFP=時事】世界の農耕地の3分の1に、農薬の化学成分が長期的に残留することによる汚染の「高い危険性」があるとの研究結果が3月29日、発表された。農薬の残留物は、上水道に浸出したり生物多様性を脅かしたりする恐れがあるという。(写真は資料写真)
 農業生産の拡大に伴い、農薬の使用量が世界的に急増していることで、環境被害の懸念と有害化学物質の使用削減を求める声がともに高まっている。
 英科学誌ネイチャージオサイエンスに掲載された今回の研究論文で、オーストラリアの研究チームは、農薬の有効成分(植物や虫に対して薬効を発揮する成分)92種の使用に関するデータを用いて世界168か国における汚染リスクをモデル化し、「農薬汚染の危険性が世界の広範囲に及んでいる」ことを明らかにした。
 論文は、世界の農耕地全体の64%(約2450万平方キロ)に複数の有効成分による農薬汚染の危険性があり、31%に高い危険性があることを明らかにした。
 研究では、南アフリカ、中国、インド、オーストラリア、アルゼンチンの複数の生態系について、高い汚染リスク、重大な水不足、高度の生物多様性が重なり、極めて脆弱(ぜいじゃく)だと指摘した。
 論文の筆頭執筆者で、豪シドニー大学土木工学部のフィオナ・タン氏は「この問題が深刻である理由は、潜在的な汚染が広範囲に及んでおり、危険性の高い地域の中にはそれと同時に高い生物多様性を有していたり、水危機に陥っていたりするところもあるからだ」と話す。
 タン氏によると、ある地域が潜在的な汚染ホットスポット(局所的な高濃度汚染域)となるのには、農薬の過剰使用や毒性の高い物質を含む農薬の使用など、多数の要因が関与すると考えられるという。
 寒さや土壌炭素含量の低さといった環境要因が農薬の無毒物質への分解を遅らせる可能性がある他、大雨によって農薬の大規模な流出が引き起こされる可能性もある。

■持続可能性への呼び掛け
 今回の研究では、除草剤59種、殺虫剤21種、殺菌剤19種を調査。米地質調査所(USGS)のデータと国連食糧農業機関(FAO)の国別データから導き出した農薬散布率の推定値を数理モデルに入力し、環境に残存している可能性のある農薬の量を推定した。
 1種類以上の農薬成分の残留量が、何の影響も生じないと考えられる濃度の1000倍以上と推定される場合、その地域は危険性が高いと判断した。
 危険性が高い土地の面積が最大なのはアジアで、490万平方キロに及んでおり、うち中国が290万平方キロを占めていた。欧州ではロシア、ウクライナ、スペインで汚染の推定値が高く、農耕地の62%近く(230万平方キロ)が農薬汚染の危険性の高い状態にあると、研究チームは指摘している。
 研究では、環境の種類(土壌、地表水、地下水、大気)別にもリスクを分析した。
 この中で最も影響を受けやすいのは地表水で、その理由は流出によって汚染される可能性があるからだとタン氏は説明した。
 農薬使用量の低減や食品廃棄物の削減など「持続可能な農業と持続可能な生活」に移行するための世界戦略の必要性を、研究は訴えている。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/04/02-11:51)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「農薬汚染、世界の農地の3分の1に「高い危険性」 豪研究