【ニューヨークAFP=時事】独自動車大手フォルクスワーゲン米国子会社の広報担当者は30日、社名の「K」を「T」に置き換えて「ボルツワーゲン(Voltswagen)」に変更するとした先の発表について、エープリルフールのジョークであったことを認め、社名変更の予定はないと説明した。(写真は資料写真)
 同社は29日、社名変更についてのプレスリリースを一時的に公開。各ソーシャルメディアのページを「ボルツワーゲン・オブ・アメリカ」の社名で刷新し、新社名は「e─モビリティへの未来志向の投資」を示すものだと説明した。プレスリリースはメディア各社により広く報じられた。
 この発表についてはエープリルフールのジョークではないかとの臆測が飛び交った一方で、米証券会社ウェドブッシュ・セキュリティーズは発表を真に受け、電気自動車分野での「本気度」を示すものだと指摘。だがフォルクスワーゲン米国子会社の広報担当者は電子メールで、社名変更はジョークだったことを認めた。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/04/01-12:41)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「「ボルツワーゲン」への社名変更はジョーク VW広報が認める