【シドニーAFP=時事】オーストラリアは31日、東京五輪で代表選手が着用する公式ユニホームを発表した。しかし、スポーツ用品大手アシックス製だったことから、中国・新疆ウイグル自治区での強制労働をめぐる世界的な騒動に巻き込まれた。(写真は豪シドニーで行われた東京五輪で代表選手が着用する公式ユニホームの発表会)
 アシックスが新疆での強制労働による生産が疑われる「新疆綿」をめぐる問題に直面していることから、オーストラリアオリンピック委員会(AOC)にも批判が及んだ。
 AOCのイアン・チェスターマン副委員長は、「豪選手団のユニホームに、その地域(新疆)産の綿が一切使われていないと保証された」と述べた。
 アパレル大手各社は最近、強制労働による生産が懸念される「新疆綿」の調達をやめると発表した。
 しかし、アシックスは当初、中国という巨大市場を失うことを恐れ、「新疆綿を購入して支え続ける」と中国のソーシャルメディアでコメントしていた。
 アシックスの広報は31日、当初のコメントは本社が許可したものではなく、会社としての立場を示すものではないとAFPに語った。「人権を尊重し、環境基準を満たせるよう、取引先と緊密に連携できるよう全力を尽くす」
 共産党機関紙・人民日報系の環球時報は30日、アシックスが当初のコメントを撤回したことで、中国で不買運動の対象に加わり「壊滅的損失」を被っていると報じた。
 人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)豪支部代表のエレイン・ピアソン氏はAFPに対し、「新疆から綿を調達している企業製のユニホームを着たいという選手は、オーストラリアにいないだろう」と述べた。
 中国産の綿は、世界の生産量の約20%を占めているが、その90%は新疆産とみられている。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/04/01-11:55)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「豪、アシックス製五輪ユニホーム発表 「新疆綿」騒動の渦中に