【モスクワAFP=時事】ロシアは31日、「世界初」となる動物用の新型コロナウイルスワクチンを認可したと発表した。同ウイルスの変異を防ぐ上で重要な一歩だとしている。(写真はロシアで行われる、動物用コロナウイルスワクチンの開発研究の様子。ニュースサイトvetandlife.ru提供)
 連邦動植物検疫監督局(ロスセリホズナドゾル)によると、動物用ワクチン「Carnivak─Cov」の試験を、犬、猫、ミンク、キツネなどを対象に昨年10月から実施し、有効性が確認された。4月にも大量生産に着手できる可能性があるという。
 同局副長官は「ワクチン接種を受けた全動物、100%の事例で、新型コロナウイルスへの抗体が形成された」と述べ、動物による発症を予防する「世界初で唯一のワクチン」だと説明した。
 同局は、昨年デンマークでミンクから変異株が見つかり、1500万匹を殺処分するという同国政府の方針に触れ、動物用ワクチンの開発はウイルスの変異防止に役立つとの見方を示した。
 米国やカナダ、ギリシャ、ポーランド、オーストリア、シンガポールの動物飼育施設や民間企業が、このワクチンに関心を示しているという。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/04/01-11:50)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「ロシア、「世界初」動物用コロナワクチンを認可