【パリAFP=時事】仏パリのルーブル美術館は26日、同館の全所蔵品約50万点の画像や情報を無料でオンライン公開すると発表した。(写真は仏パリのルーブル美術館)
 世界で最も訪問者が多いルーブル美術館は、オンラインサイトを大幅にリニューアルし、その一環として同館のサイト(collections.louvre.fr)上でデータベースを作成し、48万2000点の作品を登録。このうち4分の3以上の作品に関しては、すでに画像と情報が表示されるようになっている。
 ルーブル美術館では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で休館が続く中、メインウェブサイト(louvre.fr)のアクセス数が急増しており、同サイトも刷新されている。
 新しいデータベースには、館内で一般公開されている作品に加え、保管中のものも含まれている。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/03/29-10:56)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「仏ルーブル美術館、全所蔵品約50万点をオンライン無料公開へ