【コロンボAFP=時事】スリランカ当局は14日、米ネット通販大手アマゾン・ドットコムに、スリランカ国旗をモチーフにしたビキニ、ブリーフ、ドアマットなどの中国製品をサイトから取り下げるよう要請したと明らかにした。(写真はスリランカのコロンボで、スリランカ国旗をモチーフにした中国製のビキニが販売されている米ネット通販大手アマゾン・ドットコムのページを見る女性)
 スリランカは国旗や仏教のシンボルの不当な扱いに極めて敏感な国。
 同国はアマゾンに正式に抗議し、中国当局には同様の製品の製造と販売をやめさせるよう求めたと発表した。
 在米スリランカ大使館もこの問題を取り上げ、スリランカの知的財産権が侵害されていると米政府に訴えた。
 しかし、スリランカ政府の介入から2日たっても多くの業者が販売を継続。アマゾンでは複数の中国業者が、ドアマットを10~24ドル(約1100~約2600円)で、ブリーフやビキニを9.20~17.30ドル(約1000~約1900円)で販売していた。
 あるユーザーはフェイスブックに、「中国はスリランカをこんなふうに見ている」と投稿。
 スリランカが膨大な対中債務を返済できなければ、中国がスリランカをドアマットのように扱うことを示唆しているのではないかとの懸念や、「対中債務を返せなければ、必ずトイレットペーパーにスリランカ国旗を印刷するはずだ」という書き込みも見られた。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/03/15-11:50)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「国旗柄の中国製品売らないで、スリランカがアマゾンに要請