【チューリッヒAFP=時事】英国のヘンリー王子夫妻へのインタビューで、米トーク番組司会者オプラ・ウィンフリー氏がかけていた眼鏡フレームに注文が殺到している。(写真は米トーク番組司会者オプラ・ウィンフリー氏<右>のインタビューを受ける、英王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃<左>)
 英王室との確執を暴露した王子夫妻のインタビューは米国で7日、英国で8日に放映され、世界で5000万人以上が視聴したとされる。
 スイス・チューリッヒの高級眼鏡フレームメーカー、ゲッティは11日、インタビューの後、ウィンフリー氏がかけていた眼鏡フレームの注文が殺到していると明らかにした。
 同社は、スベン・ゲッティ氏が1993年にチューリッヒ湖畔の町ベーデンスビールで創業した眼鏡フレームメーカー。月産約1万本の少量生産で、個人経営の眼鏡店を通じて400~500スイス・フラン(約4万7000~5万8000円)で販売している。
 話題になっているのは「OR02」というモデルで、ゲッティ氏自らウィンフリー氏のためにデザインしたもの。ゲッティ氏はAFPに対し、反響に「少々驚いている」と述べた。
 ゲッティ氏によると、ウィンフリー氏はバラク・オバマ元米大統領や米歌手レディー・ガガさん、ドリー・パートンさんらとのインタビューでもゲッティ製の眼鏡をかけてきたが、王子夫妻とのインタビュー以降、注文が殺到するようになった。
 英米を中心に同じモデルを買い求める人が眼鏡店を訪れており、同社工房の職人30人が注文に応えるためにフル稼働する予定だという。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/03/12-10:52)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「英王子インタビューで着用、ウィンフリー氏の眼鏡に注文殺到 スイス