【アルビルAFP=時事】ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇(84)は7日夜、地中海で水死しシリア難民の苦境の象徴となった男児、アラン・クルディちゃん(当時3)の父親アブドラさんと面会した。(写真はイラク北部アルビルで、2015年にトルコの海岸に遺体が打ち上げられて大きなニュースとなったシリア難民の男児アラン・クルディちゃん<当時3>の父、アブドラさん<左>に話しかけるローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇<右>
 アランちゃんは2015年、家族と共にシリア北部のアインアルアラブ(クルド名:コバニ)を脱出したが、地中海で船が沈没。トルコの海岸に打ち上げられたアランちゃんの小さな遺体の写真は世界中に衝撃を与え、欧州を目指す移民・難民の危険な船旅に改めて注目が集まった。
 フランシスコ教皇はイラクでの最後の公務を終えた後、同国北部のクルド人自治区アルビルでアブドラさんと面会。バチカン(ローマ教皇庁)によると、「教皇はアブドラさんと長い間、話をしていた」という。
 教皇は8日、歴代初のイラク訪問の日程を終え、帰国の途に就いた。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/03/09-14:32)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「ローマ教皇、水死したシリア難民男児の父と面会