【パリAFP=時事】フランスの富豪で国民議会(下院)議員でもあるオリビエ・ダッソー氏(69)が7日、ヘリコプター墜落事故で死亡した。(写真はオリビエ・ダッソー氏)
 議会と捜査当局によると、ダッソー氏が乗ったヘリは7日午後6時(日本時間8日午前2時)ごろ、北西部沿岸の高級リゾート、ドービル近くで墜落した。
 フランス航空事故調査局(BEA)は、ヘリは「私有地」から離陸した直後に墜落したとツイッターで明らかにした。ドービルの7日の天候は晴れで、弱い風が吹いていた。
 捜査関係筋によると、乗っていたのはダッソー氏とパイロットの2人だけで、パイロットも死亡した。
 エマニュエル・マクロン大統領は、ダッソー氏の死は「大きな痛手だ」と述べ、航空機製造、防衛、オークション、ワイン、メディアなどを手がけ、フランス有数の影響力を持つダッソー家に弔意を伝えた。
 民間用ビジネスジェット機のファルコンや、戦闘機のミラージュ、ラファールで知られるダッソー・アビアシオングループは、過去70年にわたってフランスの航空機製造をリードしてきた。
 米誌フォーブスの世界長者番付2020年版によると、ダッソー氏の保有資産額は推定約50億ユーロ(約6450億円)で、361位にランクインした。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/03/08-16:25)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「仏富豪オリビエ・ダッソー氏、ヘリ墜落事故で死亡