【ニューヨークAFP=時事】世代を超えて親しまれてきた米絵本作家ドクター・スースの作品のうちの6作が、現代では人種差別的とみなされる描写があることから絶版が決まった。出版社のドクター・スース・エンタープライズが2日、発表した。(写真は書店に並ぶドクター・スースの書籍)
 絶版が決まったのは「If I Ran the Zoo」や「The Cat’s Quizzer」、「And to Think That I Saw It on Mulberry Street」などで、作中には「日本人」や「アラブ人」とされる人物や、茶わんと箸を手にした「中国人の男の子」といったキャラクターが登場する。
 発表が行われた3月2日は、スースの誕生日だった。スースは本名をセオドア・スース・ガイゼルといい、1904年、米マサチューセッツ州で誕生。生涯で60作以上の絵本を出版し、代表作の「キャットインザハット」、「グリンチ」、「緑色のたまごとハム」など、児童文学史に残る人気作品を世に送り出した。作品は数十言語に翻訳され、世界で6億5000万部以上を売り上げている。
 だが米国では最近、スース作品の多くでマイノリティーの描き方に問題があるとの批判が高まっていた。2019年、学術誌「青少年文学における多様性研究」に発表された論文では、50のスース作品を検証。登場する有色人種のキャラクター45人のうち43人にオリエンタリズム的な特徴があると結論したほか、スースが1920年代に反黒人・反ユダヤ人的な漫画を雑誌で発表したことや、第2次世界大戦中に日本人に対する差別的なプロパガンダを手掛けていたことも指摘された。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/03/03-13:36)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「ドクター・スース作品、人種差別描写の6作絶版へ