【ワシントンAFP=時事】米レコードレーベル「モータウン」を代表する歌手で、女性グループ「シュープリームス」の結成メンバーであるメアリー・ウィルソンさんが死去したと、現地メディアが9日、報じた。76歳だった。(写真は米女性グループ「シュープリームス」のメアリー・ウィルソンさん。ビバリーヒルズで)
 娯楽誌バラエティによると、ウィルソンさんはミシガン州デトロイトにある公営住宅に暮らしていた15歳の時に、シュープリームスを結成。
 リードボーカルのダイアナ・ロスさんがソロ活動のため脱退した後も、長年シュープリームスでの活動を続け、1988年にはロックの殿堂入りを果たした。
 代理人はメディアに対し、ウィルソンさんは8日にラスベガスにある自宅で亡くなったと発表。死亡当時の状況はまだ明かされていないと述べた。
 ウィルソンさんは死去の2日前に、黒人歴史月間に合わせてユーチューブ上に「シュープリームスとフローレンス・バラード(結成メンバーの一人)、未公開資料に関するニュース」を発表する短い動画を投稿していた。
 シュープリームスは1960年代後半に「ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ」や「ベイビー・ラブ」などのヒット曲で成功を収めた。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/02/10-12:22)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「シュープリームスのメアリー・ウィルソンさん死去 76歳