【北京AFP=時事】中国の国営メディアは、ミャンマーでの軍による政権奪取とアウン・サン・スー・チー国家顧問の拘束について、「大規模な内閣改造」と報じた。今回の政変をクーデターとは呼ばず、えん曲表現にとどめた形だ。(写真はミャンマー・マンダレー市内を走行する軍車両)
 世界の民主主義国家の首脳らがミャンマー軍を非難する中、中国政府はミャンマーの全当事者に「互いの相違を乗り越える」よう呼び掛けた。
 国営新華社通信は1日、軍がクーデターを起こし、先に選出されていた閣僚らを解任して軍出身者らを任命したことについて、「大規模な内閣改造」だと報道。
 また共産党機関紙・人民日報系の環球時報は専門家らの話として、軍の権力掌握は「ミャンマーの機能不全に陥っている権力構造を調整」する動きともみられると伝えた。ただ専門家らの氏名は出していない。
 さらに同紙は、好戦的な戦略で近年最悪の米中関係を招いたドナルド・トランプ前米大統領を引き合いに出し、「選挙で自身の敗北を認めることを拒否し、議事堂での暴動を扇動したとされるトランプ氏が、ミャンマー軍に着想を与えた可能性があるとみる識者らもいる」と紹介した。
 ミャンマーは、中国巨大経済圏構想「一帯一路」の極めて重要な部分を成している。習近平国家主席は昨年1月にミャンマーを訪問した際、「その国に特有の状況」に適した方向性での開発支援を表明していた。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/02/03-14:07)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「ミャンマー政変は「内閣大改造」 クーデターと言わない中国メディア