【ジャカルタAFP=時事】インドネシアにある難民キャンプに暮らしていた、ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャ数百人の消息が分からなくなっている。関係者らや情報筋が27日、明らかにした。隣国マレーシアに密航した可能性があるという。(写真はインドネシア・アチェ州ロクスマウェにある、閑散とした難民キャンプ)
 インドネシア北部沿岸ロクスマウェにある仮設キャンプには、昨年6~9月に約400人のロヒンギャ難民が到着したが、今週には112人に減っている。
 地元当局も国連(UN)も、消息不明者らの所在を確認できていない。マラッカ海峡を渡ってマレーシア入りするために、密航業者に依頼した懸念が持たれている。
 国連調査団が「ジェノサイド(大量虐殺)」に当たると報告した2017年のミャンマー軍による弾圧で、ロヒンギャ約75万人がバングラデシュ南東部のコックスバザールに逃れ、その多くが各地に設置された難民キャンプに身を寄せた。
 以来大勢の難民が密航業者に金を払い、バングラデシュからインドネシアやマレーシアに渡っている。
 当局によると最近では、ロクスマウェのキャンプにいたロヒンギャ難民少なくとも18人と密航業者12人以上が、同地から南方へ数百キロ離れたマレーシアに不法入国する際の主な起点となっているメダンで逮捕されたという。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/01/29-16:06)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「ロヒンギャ難民数百人がキャンプから失踪、密航か インドネシア