【イタAFP=時事】パラグアイで、氾濫したラグーン(潟)からワニ7頭が逃げ、近隣の町の中心部に入り込む出来事があった。ワニは住民らを恐怖に陥れたが、数時間後、ボランティアの消防隊員らによって捕獲された。当局が28日、AFPに明らかにした。(写真はパラグアイ南部イタで、ワニを触る男性)
 逃げ出したのは、南部イタで観光用に飼育されている体長1.5~2メートルのワニ。27日に暴風雨でラグーンの擁壁(ようへき)が壊れて商業地区に入り込み、路上をさまよった。
 店舗内をのぞき込む複数のワニを発見した通行人らが、当局に通報した。
 消防隊の広報担当者フランシスコ・プラトン氏は、逃げ出したワニは「乾いた場所を探し、休もうとした」とAFPに話した。
 イタ市当局のディエゴ・カプト氏は、「夜間だったのは幸いだった」と述べた。。
 住民の中には、ワニに近づいて写真や動画を撮影してソーシャルメディア上に投稿する人や、大胆にもワニに触る人もいた。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/01/29-15:33)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「逃げたワニ7頭、商業地区で捕獲 パラグアイ