【ニューヨークAFP=時事】米大統領選でドナルド・トランプ前大統領に投票した米国人約7500万人の中には、ジョー・バイデン氏の勝利の正当性を認めようとしない人々がいる。(写真はドナルド・トランプ前大統領)
 AFPは何人かのトランプ氏支持者を取材し、トランプ氏が次に何をするか、民主党のバイデン新政権下で生活はどうなるかなどについて考えを聞いた。

■「バイデン陣営は不正をしたと思う」
 ノースカロライナ州ヒッコリーでヨガを教える熱心なカトリック教徒のギア・マクソンさんは、無数のカメラに捉えられていたにもかかわらず、トランプ氏の支持者らが連邦議会議事堂に乱入したことを信じていない。「あれはすべてを終わりにするために、仕組まれたこと。彼らは最初、彼(トランプ氏)を辞めさせようとあらゆる手を尽くした。そしてついに彼をひそかに葬り去る方法を見つけ出した」
 マクソンさんは「米国でこんなことが起きるなんて恐ろしいし、怒りを感じるし、とにかくショックだ」と語った。いつもは大統領就任式をテレビで見るが、今年は見ないことにしたという。
 「全く正当性がないと思うし、バイデン陣営は不正をしたと思う。バイデン氏が8000万票も取るなんてあり得ない」。マクソンさんは不正投票があったという根拠のない主張に触れつつ、トランプ氏は逃げないと語った。
 「新政党の旗揚げを期待している──『愛国者党』だ。それが最良のシナリオだろう。二大政党制を終わらせるんだ」

■トランプ氏の「弾劾訴追は違憲」
 ペンシルベニア州ブラッドフォード郡のダグ・マクリンコ郡政委員(共和党)は、民主党が大統領選における選挙人団制度を廃止しようとしているのではないかと懸念している。「ルーラル・アメリカ(米国の地方部)は声を失い、主要大都市圏(の声)だけになってしまう」
 「この国はいまだかつて分断されたことがない」と語るマクリンコ氏は、左派の一部がトランプ氏支持者をネオナチと呼んでいることを非難した。「ナチス呼ばわりほどひどい表現はないと思うが、彼らはこういうことを言ったその口で、次の日には米国を癒やすなどと言っている」
 さらにマクリンコ氏は、トランプ氏の弾劾訴追について「完全に違憲だと思う。7500万人がトランプ氏に投票したことが忘れられているようだ」と述べ、「トランプ主義」はなくならないと思うと語った。「ナショナル・ポピュリズムはドナルド・トランプ氏以上もので、どこにも行かない」

■バイデン氏は信頼できない
 「バイデン氏はトランプ氏がしたことを、片っ端からひっくり返すと思う」と語るのは、フロリダ州クリアウォーター在住のシャロン・マクゲトリックさんだ。「移民問題については今のまま壁があった方がいいと思うが、彼らはなくすと言っている」
 健康保険業界で働くマクゲトリックさんは「私たちにはもう、言論の自由もない。おまけに彼らは銃まで取り上げようとしている」とも述べた。
 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)は、米国経済に打撃を与えるために中国によって「仕組まれたもの」だと、マクゲトリックさんは考えている。
 さらに、「ミドルクラス(中流)はもうない。金持ちか貧乏かだけだ。私の年収は3万1000ドル。統計によると、私は貧困層だ」
 マクゲトリックさんは最後にバイデン氏について、「私が言うのはおこがましいかもしれないが、わが国のために何かするつもりがないと思う。トランプ氏のように信頼できない」と語った。

■トランプ主義は「不滅」
 ノースカロライナ州シャーロットの小企業のオーナー、ティム・ハーンさんは、「過去の政権は共和党も民主党も関係なく仕事を海外へ移していたが、トランプ氏は米国に仕事を取り戻した。単なる赤(共和党)vs青(民主党)というシナリオではなかった。米国対グローバル主義者だったんだ」と述べた。
 ハーンさんはバイデン政権下でエネルギー費が上がると予想しており、そうなれば自分の事業は潰されると考えている。「バイデン氏が最低賃金の引き上げを考えているなら、それもわれわれへの打撃となるだろう」
 ハーンさんも、バイデン政権はトランプ主義を「撤回」するためにあらゆる手を尽くすと考えている。「トランプ主義はどこにも行かない。みんなの心の中に残り続ける」
 「トランプ氏が再出馬しないのなら、ドン・ジュニア(ドナルド・トランプ・ジュニア)氏が出ればいい。後を継ぎ、未来につなぐことができるのは、彼しかいないと思う」【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/01/21-16:15)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「「7500万票を忘れてる」トランプ主義、衰えず