【ヒメラデリバルAFP=時事】英国定番料理「バンガーズ・アンド・マッシュ」やビール、英国人対英国以外の欧州出身者による綱引き大会、BGMは「Don't Leave Me This Way(こんなふうに置き去りにしないで)」や「We'll Meet Again(また会いましょう)」━━。スペイン在住の英国人が、欧州連合(EU)に英国流に別れを告げるパーティーを開催した。(写真はスペイン・ヒメラデリバルのバーで開かれた英国のEU離脱を記念するパーティーで、歌を歌う男性)
 英国のEU離脱に不満を持つ人は多く、居住や行政手続きなどの問題に直面する人もいる。しかし、スペイン南部の村ヒメラデリバルにあるバーでは、この不運を最大限に利用することにした英国人らがパーティーに集まった。
 皮肉まじりのパーティーには、フィッシュ・アンド・チップスやビーンス・オン・トーストなどの英国人が大好きな料理がずらりと並んだ。
「私たちの大部分はすべてに満足しているわけではないが、一応(EU離脱を)祝った方がいいかなと思い、楽しんでいる」と話すのは、このバーを経営する英国人のポール・ ダーウェントさん(65)だ。
 20年以上スペインで暮らすダーウェントさんは、「実際には、私たち全員にたくさんの問題をもたらすだろう」と述べた。
 スペインにはEU加盟国で最多となる英国人約37万人が届け出て住んでいる。届け出をせずに住んでいる英国人も数千人いると考えられている。
 新型コロナウイルスの感染防止措置により、パーティーはバーのテラスで開かれた。会場には英国とスペイン、EUのそれぞれの旗が飾られ、バーと化粧室の入り口はEU加盟国の市民用と非加盟国の市民用に分かれていた。
 パーティーでは、コミュナーズの「Don't Leave Me This Way」とヴェラ・リンの「We'll Meet Again」が生演奏された。
 ハイライトは英国人男性4人と、デンマーク、フランス、オランダ、スペイン出身の男性4人による綱引きだ。英国チームが地面に倒れ込み、EUチームが勝利すると、拍手と歓声が起きた。
 スコットランド出身で20年近くスペインに暮らす教師のイレーン・ギルフィレンさんは、「一緒であるべきだった。私たちは一つの大陸だ。英国人はこの結果に苦しむことになると思う。誰にとっても好ましくない」と話した。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/01/04-11:13)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「英国流? スペイン在留者ら、皮肉まじりのEU離脱パーティー開催