【コロールAFP=時事】太平洋の小国、パラオの海上保安当局(DMLE)は14日、違法操業をしていた中国漁船を拿捕(だほ)し、乗組員28人を拘束したと明らかにした。パラオは台湾と外交関係があり、外交問題に発展する可能性がある。(写真は資料写真)
 DMLEによると、漁船はパラオ海域内のヘレン環礁で操業中に同国の巡視船により拿捕され、主島のコロールに誘導された。
 DMLEのビクター・レメンゲサウ局長は、船から推定225キロのナマコを発見したと述べている。乗組員らは中国南部・海南省から来たと思われる。
 また、中国人乗組員と巡視船の乗組員19人は、新型コロナウイルス対策としてパラオ国内で14日間の隔離措置が取られているという。パラオは世界でも数少ない、新型コロナの感染が確認されていない国の一つ。
 パラオのトミー・レメンゲサウ大統領の兄弟である同氏は、中国人乗組員らを訴追するかどうかは決まっていないと話した。
 パラオは長年、海洋保全の先駆者的存在とされており、パラオ海域内での外国商業漁船の操業を禁止している。
 台湾と外交関係のある国は世界で15か国、太平洋地域では4か国しかなく、人口約1万8000人のパラオはその一つとなっている。台湾を自国の領土とみなす中国は以前から、パラオが台湾と国交を結んでいることに不快感を示している他、2018年には非公式にパラオ観光のボイコットを呼びかけた。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2020/12/15-16:23)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「パラオ、違法操業の中国漁船拿捕 乗組員はコロナ対策で14日間隔離