• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク
  • Google
  • Yahoo!
  • じゃらん
  • 楽天トラベル

MotorFanの記事一覧

ポルシェの2020年世界販売台数は対前年比3%減となる27万2162台を記録。コロナ禍でも強力なブランド力を証明

2021.01.12 20:20

ポルシェはこのほど、2020年の世界販売台数が昨年の28万800台に比べて3%減となる27万2162台だったことを明らかにした。この結果は、スポーツカーメーカーであるポルシェが、その強力なブランド力に支えられていることを証明するも...続きを読む

東京・銀座の「ニッサン クロッシング」で「GT-R50 byイタルデザイン」のテストカーが展示中! 3月31日までの期間限定

2021.01.12 19:35

1月12日、日産自動車は東京・銀座にあるニッサンブランドのグローバル発信拠点「ニッサン クロッシング」において、イタルデザインと共同開発した「GT-R50 byイタルデザイン」のテストカーを、同日から3月31日までの期間限定で展示...続きを読む

【レクサスLSが「走り」でSクラスに真っ向勝負】滑らか、静粛、スポーティ。 源流主義に基づく改良を施した新型LSを試乗

2021.01.12 19:35

レクサスLSが、2020年11月にマイナーチェンジをし、エクステリア、インテリアの意匠変更などとともに、V6型3.5ℓツインターボエンジンにも手が入った。静粛性と乗り心地に加えて、「走り」を武器にした。 TEXT:高橋 明(Aki...続きを読む

メルセデス・ベンツの3列シートSUV「GLB」に高性能版「メルセデスAMG GLB 35 4MATIC」が登場! 税込737万円

2021.01.12 18:35

1月12日、メルセデス・ベンツ日本は3列シートキャビンを備えた本格SUVの「GLB」のラインアップに、公道での気持ち良いドライビングに焦点を当てたハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLB 35 4MATIC」を設定し、同...続きを読む

日産の名機RB26DETT/VR38DETT、トヨタの名機1JZ-GTE、スズキM16Aを”TUNING”

2021.01.12 14:00

スポーツカーと言う言葉自体を使うことが少なくなってきた日本車の市販車市場。世の中に求められなくなってしまったのだから致し方ない部分はあるけど、しかし少数ではあるがメーカーは頑張って生産してくれている。そんなスポーツモデルの心臓部を...続きを読む

【DS3クロスバック試乗】フランスのラグジュアリーを最も身近に体感できるコンパクトSUV

2021.01.12 14:00

2014年に分社化されたDSオートモビル、日本のラインナップは二車種。フラッグシップのDS7クロスバックに続いて日本に上陸したのが、このDS3クロスバックだ。BセグメントのコンパクトSUV、つまりトヨタ・ヤリスクロスなど日本車にも...続きを読む

どうにもいただけない当節の電動車接近警報音——安藤眞の『テクノロジーのすべて』第61弾

2021.01.12 13:50

静かでスムースな電気自動車。それゆえ路上では歩行者や自転車走行者に気づかれず、「来てますよ」「通りますよ」というアピールをしなければならない——のだが。 TEXT:安藤 眞(ANDO Makoto) 数日前から、某社の電動車を借り...続きを読む

エンジン車は、いつまで続くか。その3「30年先でもエンジン車は残る」2020〜2021年自動車産業鳥瞰図

2021.01.12 11:20

ICE(内燃エンジン)搭載車にいつまで乗れるか……あちこちから出てきた「○○年にエンジン車の販売禁止」という話が、まだどの国でも法制化されていないのに、あたかも「決まりごと」のように報じられている。筆者の持論は「欲しい人がいるかぎ...続きを読む

内燃機関超基礎講座 | 最大熱効率40%を誇るトヨタ・プリウスのエンジン[2ZR-FXE]

2021.01.12 09:30

省燃費CO2低排出量のアイコンともいうべきトヨタ・プリウス。4代目に搭載されるエンジンは名称こそ3代目と同じながら、さまざまな方策を用いて最大熱効率40%を達成している。 TEXT:世良耕太(SERA Kota)4代目は3代目と同...続きを読む

【理想の2台持ち|アウディA3セダン&ポルシェ・ボクスター】実用車と遊びクルマ、カーライフを満喫するならこの組み合わせ!(大音安弘)

2021.01.12 08:30

フォルクスワーゲン・ボーラとアルファスパイダーの2台持ちを経験済みの大音安弘さんがが選んだ「理想の2台持ち」は、セダンとオープンカー。実用車と遊びクルマという、カーライフを満喫できる組み合わせである。 TEXT●大音安弘(OTO ...続きを読む

ページトップ